製品紹介 Products

こだわり

こだわり

株式会社種工匠土田は美味しさを守るために、様々なこだわりを持って最中種を製造しています。

◆職人が餅をめん棒で丁寧にのばすことで、生地に空気が入ることを抑え、機械製法では見られない焼き上がりを実現しています。
◆「コシ」の強さ、「のび」「ねばり」「舌触り」「風味」のどれもが強く、もち米の王様と言われている富山県産の新大正もち米を100%使用。
◆風味を増すために、自家製粉、生粉を使用。
◆焦がしの焼き色や堅さなど、お客様のご要望に応じて焼き上げます。

これからもお客様の期待に応えられるように、美味しさを追求していきます。

最中種

小丸(平)
小丸(平)
千代菊
千代菊
蛇の目
蛇の目
ふたます(二枡)
ふたます(二枡)
月菊
月菊
梅鉢
梅鉢
糸巻
糸巻
八角梅鉢
八角梅鉢
奴
くずや
くずや
踊り
踊り
帆立貝
帆立貝
くるみ
くるみ
栗(大・中・小)
栗(大・中・小)
ミニ福梅
ミニ福梅
厚焼煎餅
厚焼煎餅
つぼみ
つぼみ
貝
小貝
小蛤
角菊
角菊
小丸(ボール)
小丸(ボール)
松茸
松茸
20丸
20丸
大角
大角
さくら
さくら
星
ハート
ハート
梅2
梅2
大松
大松
くるみ大
くるみ大
水
角2
角2
小角
小角
ボトル1
ボトル1
ボトル2
ボトル2
加賀棒茶粉末入り
加賀棒茶粉末入り
合成着色料使用
合成着色料使用
天然着色料使用
天然着色料使用
食品プリント
食品プリント

その他

ふやき種
ふやき種
へぎ種
へぎ種
すり種
すり種
洋風煎餅
洋風煎餅
寿煎餅
寿煎餅
引蜜加工
引蜜加工

製造工程

洗米

1.洗米

製粉

2.製粉

蒸籠で蒸す

3.蒸籠で蒸す

餅つき機でつく

4.餅つき機でつく

5.職人の手作業によりめん棒で薄く伸ばす

短冊に裁断する

6.短冊に裁断する

焼型

7.焼型

検品

8.検品

箱詰め

9.箱詰め

衛生管理

手洗い

1.手洗い

ゴミをコロコロで取る

2.ゴミをコロコロで取る

エアーシャワー

3.エアーシャワー

細かいホコリもフィルターでキャッチし、より、クリーンで清潔な環境で作業を行っております。

4.細かい埃もフィルターでキャッチし、より、クリーンで清潔な環境で作業を行っております。

最中の歴史

最中は江戸時代中期に吉原の煎餅屋「竹村伊勢」で販売された「最中の月」というお菓子が起源になっていると言われています。
当時はもち米粉に水を加え、こねたものを蒸し、焼き上げたものに砂糖をまぶした千菓子でした。
餡の入っていない、白い丸餅のお菓子です。

その形は満月に似ていると言われ、平安時代に詠まれた句、
「水の面に 照る月なみを かぞふれば 今宵ぞ秋の 最中なりける」
に、ちなんで名づけられたそうです。
「最中の月」とは、ちょうど十五夜の満月のことを指しています。

明治以降には金型技術が発展し、様々な形の最中が作られるようになりました。
当時は鯛焼きのように一枚ずつ手焼きにて製造されていました。

現在では星形やハート形のようなポップな形の最中も作られて、老若男女問わず、多くの人に愛されるお菓子になりました。

最中の形

プレーンな丸い形から、花をかたどったもの、ハートのようなポップなものまで様々な形があります。
金型技術が発展した今、凝った形の最中種も作れるようになりました。
皆様のご希望・ご用途にあわせてオリジナルの形を作ることができます。
ご要望がありましたら、是非お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

TEL:076-225-8122

営業時間:8:30~17:00
定休日:第三土曜日、日曜日、祝日

お問い合わせ